日本のパスタのルーツ 国産パスタのルーツ 復刻! 「マンマの味」 振興会コンセプト 商品について Facebook
国産パスタのルーツは長崎にあり。 戻る

時に明治16年(1883年)頃。長崎の黒崎村出津村(現在の長崎市外海町)に赴任したフランス人宣教師マリク・マリ・ド・ロ神父は、布教の傍ら、現地に煉瓦造・平屋建のマカロニ工場を建設し、村人と一緒にパスタの製造を始めたと言われています。

これが日本において「初めて生産されたパスタ」となりました。今や、約30万トンの消費量を誇り、子供からお年寄りまで愛される国民食となった「スパゲティ料理」ですが、そのルーツは長崎でした。

復刻!その名も「長崎スパゲッチー」と命名。 戻る

平成23年より、長崎県が展開する「来てみんね!長崎 食KING王国」の中で、改めて「日本最古のパスタ」の歴史と文化性、そのノスタルジックな食が着目されその「復刻プロジェクト」がスタートしました。

復刻作業は、往時の「製法・技術の忠実な再現」。また「ド・ロ神父が伝えたかったであろうテイストの再現」を目指し、専門家や有識者の協力を得ながら進められました。

度重なるテストを経て、現存する外海町の加工工場での製造にも成功。完成した試作品には、県内県内外の関係者から大きな反響が寄せられました。

「長崎スパゲッチー」というノスタルジックなネーミングは、長崎県観光PRアドバイザー・西川りゅうじん氏によるものです。

ド・ロ神父が伝えたかった「マンマの味」 戻る

復刻された「長崎スパゲッチー」は、往時の手延製法そのままに、神父が伝えたかったテイストに限りなく近づける為の「独自の配合と製麺技術」への研究を通して、伝来の原点を髣髴とさせる味わいが完成しました。パスタらしい「弾力のある食感」と日本古来の手延べ製法ならではの「もちもちした食感」が特徴です。

神父が教えたパスタ作りには、遠い故郷であるフランスやヨーロッパ、そして「マンマの味(お母さんの味)」へのオマージュが込められていたに違いありません。

長崎の大切な食文化として保存、育成します。 戻る

歴史とロマンの町、長崎は「和・華・蘭」という言葉に表現される多彩で高度な食文化を有する国際的な都市であります。

この長崎スパゲッチーも、「日本のパスタのルーツ」という長崎固有の歴史と文化に裏づけされた重要な食文化資産の一つであると考えます。

長崎スパゲッチー振興会は、こうした背景に鑑み、ド・ロ神父によって伝えられた大切な食文化を正しく継承し、後世に長く保存を行い、全国へ向けても「長崎の食」として広く情報発信をしていきたいと考えます。

写真は当該工場を今に事業承継する小田繁夫氏(中央)

復刻作業へ協力いただいたイタリアンの巨匠・片岡護氏(左)と鵜野秀樹氏(右)

商品購入について 戻る

長崎スパゲッチーを味わえるお店やイベントは、フェイスブックで随時ご紹介いたしております。
また家庭用の乾麺(300g)も現在好評発売中です。